だから西成あいりん地区を東南アジアって言うのやめろ

地元が大阪の友達と話をした。その時に「(大阪環状線)新今宮駅だけでは絶対に降りたくない。怖い。防弾チョッキを着てライフルを着て歩いてもヤられそうな気がする」と聞いた。

 

そういう話を聞くと、怖いもの見たさで血が騒ぎ、僕は今や唯一無二のネームバリューを誇る「西成・あいりん地区」を訪れた。

 

堺筋線・動物園前駅で地下鉄を降りた。散々ヤバイとか、降りてはいけない駅ランキング(先週からワンランクアップして)一位、みたいな話を聞かされていた。だから僕は改札を抜けた瞬間、凶暴な野生動物みたいな男に路地裏に連れて行かれるとか、銃や麻薬の不法取引が横行しているのではないかと恐々としていたのだけれど、それは杞憂だった。

 

動物園前駅で降りて西側があいりん地区である。そっちに向かって歩いていく。西に向かうほど徐々に工事現場の休憩室みたいな雰囲気が濃くなっていく。噂に聞いていた50円の缶コーヒーを売る自動販売機が目の前に現れた時、西成に着たのだと実感が湧いた。

f:id:yayayatototo:20190831224947j:plain



道中の安宿(一泊5000円以下)や賃貸物件の前には「生活保護受給サポートいたします」と張り紙があったのに驚く。

 

西成、新今宮といっても、その街全体が不況感に覆われているわけではない。大通りはびゅんびゅん車が走って行くし、まるで才能のない芸術家みたいな政治家が1人で拡声器を持って演説していたし、人通りも多い。

 

ただ、路地裏にはそのような流動性はなく、田舎みたいなのんびりした雰囲気だった。本当に田舎っぽくて、大阪のビジネス街から30電車で分の距離であることに実感がわかない。

f:id:yayayatototo:20190831225046j:plain



そうこう散歩しているうちに「三角公園」に行き着いた。この公園にはホームレスが集まっていた。公園内には野外ステージみたいなのがあって、そこには屋根もあった。その下で寝ている中高年が何人か寝ていて、公園内にはベニヤ板で作った小屋がいくつもあった。小さい古墳みたいに山盛りになるほど空きカンが積まれたリヤカーとか、荷台に日用品が括り付けられたママチャリも置いてあった。

 

この公園には「みんなのテレビ」という公衆テレビが置いてあった。昭和の時代はテレビが貴重でみんなで集まって、力道山のプロレスを見た、みたいなことをよく言うと思うのだがまさにそんな感じ。

f:id:yayayatototo:20190831225018j:plain



ちょうどその時間は、ダイレクトテレショップが写っていた。僕はそれをボーッと眺めていた。周りには数人のおじさんがいた(公園の住人かもしれないし、そうではないかもしれない。確かなことはわからない)。すると公園の管理団体の職員さんが現れて「野球のチャンネルにしておきますね」と言ってチャンネルを変えた。テレビの奥には巨大資本の権化みたいなあべのハルカスが見えた。

 

ちょうど僕は泊まり込みのバイトに行く途中、ここに立ち寄った。ホームレスをするよりも、そういう家付き、食事付きのバイトに行けばいいのにと思う。彼らはそういう条件のバイトがあるという事実を単に知らないのだろうか。或いは、知っているが行かないのだろうか。

f:id:yayayatototo:20190831225123j:plain



ホームレスをするのは愚かなことで、一刻も早くそこから抜け出さないと、地獄の閻魔大王から早晩に総裁を受けるだろう、と思ったのではない。

 

九時から四時まで働いて、時給は1000円で、三食付き(とても美味しい手作りの料理)で、エアコンのある寮に住むことができるバイトが現に存在しているのに、どうして公園で生活するのだろうか?と疑問に思った。

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

キャンプ場バイト日記「夜のナイトゲーム」 vol 2

この続きである。

キャンプ場バイト日記「ウキウキしながら何しちゃう?」 - 大和さまのブログ

 

寮に泊まり込みながらキャンプ場でバイトしている。バイト人員の入れ替わりはあるのだが、5人位でシェアハウスするイメージ。

 

バイトが終わった後、寮での夜はフィーバータイム。ガンガンダンスミュージックをかけながら、まるで大きく息を吸うように酒を飲み、大声で叫びながらマリファナを決めた、というのは嘘だけれど、寮の夜が楽しいというのは事実である。

 

とりあえずみんな馬鹿みたいに筋トレをする。脳みそを売って筋肉が手に入るなら嬉しい、と元自衛官は言った。まるで部活のように皆、体を鍛えていた。当然ランニングに精を出す者もいて、1キロ2分30秒のペースで走っていると聞いた。彼らは、筋トレの後のビールが堪らなく美味しいと言った。「キャバ嬢と飲むシャンパンより、筋トレをした後のビール」「ビールを味わうために筋トレしてるまである」という名言が聞こえた。

 

みんなで「ゔぁーああぁぁぁああ@/¥&%#*+ぁああ」とか「うあぁんっ」などの声を漏らしながらトレーニングしたこの夏の思い出は僕の胸に残り続けるだろう。まるで岩に刻まれた文字のように。

f:id:yayayatototo:20190831224136j:plain





寮には任天堂・スイッチが置いてある。寮にいる間は

 

①筋トレ②飲酒③スイッチ④スマホ

 

のどれかだった。

 

特に皆んなでスイッチをする。というか、寮にいて皆んなで一緒に遊ぶためのツールがスイッチしかないから必然的にスイッチの稼働率が上がる。さすがにお家ごっこをやるような年齢ではないのだ。

 

誠に残念ながら僕にはゲームに関する才能がない。DS、Wii、Switch、プレステ、世の中には数多のゲーム機が存在するが全てにおいて勝てない。友達とゲームして遊んでもだいたい俺がカモにされて、口の悪い下劣な奴から「マリアナ沖を飛ぶ零戦」とか「甲子園に出てくる新潟代表(だいたい一回戦で負ける)」と揶揄されたりした。



ほとんど毎晩のようにSwitchで遊んだ。特に思い出に残っているのは、マリオカートをしたときのことである。

 

俺が「現代は高度情報化社会であり、情勢が変化するスピードも速い。速いものが強いのだ。よって最も速い者を神として敬い、遅いを奴隷として扱う」と言った。

 

僕はスマブラでは負けが込んでいたが、マリオカートなら勝てると思ったのだ。子は親に似るものであり、僕の父は「競馬には負けたが、競輪では負けるわけがない」とか「スロットで負けた金をパチンコで取り戻す」とか出自不明の奇妙な自信をみなぎらせながら、毎週給料を目減りさせているのだが、このときの僕はまさにそれだった。

f:id:yayayatototo:20190831224221j:plain



結局、マリオカートでは一周回遅れという屈辱的な差をつけられて僕は負けた。負けを取り戻そうとして、余計に傷口が広がった。ロスカット(損切り)に失敗した者はまるでアスファルトの上で干からびたミミズのように惨めである。悔しくて、悔しくて、悔しくて、血が滲むまで唇を噛んだ。僕はそっとコントローラーを置き、三つ指をついて「何かご用があれば私にお申し付けください」と言った。

 

僕はまるで葉巻のように大きなナメクジを3匹飲まされた。ゴミ箱の中で発酵した生ゴミみたいな味がした。

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

f:id:yayayatototo:20190831225527j:plain

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

キャンプ場バイト日記「ウキウキしながら何しちゃう?」

キャンプ場の短期バイトは基本的に泊まり込みである。一軒家を寮にしていて、他のバイトの人達とシェアハウス、みたいな感じだった。

 

俺は夜の8時くらいにその寮に着いた。のっけからウイスキーをラッパ飲みさせられて、「腹のなかで割れ」と三ツ矢サイダーも飲まされた、というのは嘘で、先輩方がたくさん話しかけてくれたお陰で、サクッと仲良くなれた。

 

寮といえば年上が神のように崇められ、毎日2時間先輩の説法を聞かされ、先輩の機嫌が悪い時は「僕を殴ってください」と自分の身を差し出さなければならないのだと想像していたのだが実際はもっとルーズで、年の差とかはあんまり気にしない雰囲気だった。みんなが揃ってからご飯を食べ始めるとか、順番に部屋の掃除をするとかもなくて本当に自由だった。

 

f:id:yayayatototo:20190830220721j:plain

俺がその寮に着いた時、「夕飯食べればいいじゃん」と言われたのを覚えている。で、村上春樹は唯一絶対の神のような存在である、とか「頭悪い奴は大学とかに行きよるねんけど」みたいな話をした。

 

寮のみんな熱血・筋トレ漢の集まりで、冗談ではなく本当にみんなよく筋トレをした。「女の子が化粧してるんだから、俺たちは筋肉で魅せなければいけない」と言いなが鬼のような形相で鍛え上げる。バーベルを持ち上げるということに対して並並ならぬ熱意を抱き、「筋肉を鍛える」というタスクに対して真摯に向き合っている。後輩を効率よく痛めつけるために筋肉を体に蓄えているのではないかと少し不安になったが、僕はまだ一度も殴られていない。

 

筋トレをした後はたんぱく質を補給するためにベーコンを焼いて食ったり、豆腐を食ったりするのだが、物質主義的な者は「タンパク質だったらなんでもええねん、これで20グラムや」とか言って、お椀に4つ卵を割ってそれをかき混ぜてごくごくと飲み干していた。その姿はまるで原始人に見えたことは言うまでもない。

 

次の日の朝からお仕事だった。よく晴れた天気のいい日で僕は希望に胸を躍らせた。9時から16時まで仕事だった。午前中はコテージとかキャビンの掃除で、午後はキャンプ場の木を切ったり、場内整備の仕事をした。

 

バイトが終わった後、歩いて海を見に行った。海に岩をぶん投げている小学生とか、座禅をしている修行僧のような爺さんもいた。日が暮れて月が出てくるまでずっと同じ場所から海を見ていた。真っ暗な海から懐中電灯を照らしながら寮に帰り、寮に置いてあるスイッチでスマブラをしたらぼろ負けして、僕は悔しくなってコントローラーを噛みながら壁に額を打ち付けていた。

 

続き

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

f:id:yayayatototo:20190830220926j:plain

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

 

フジロック2019 参戦レポート「最後の夜」

これの続き

パート1

フジロック2019参戦レポート「山猿の巣」 - 大和さまのブログ

パート2

フジロック2019参戦レポート 「夜の踊り子」 - 大和さまのブログ

パート3

フジロック2019参戦レポート「夢が始まったぞ」 - 大和さまのブログ

パート4

フジロック2019参戦レポート最終日「カオスな広場」 - 大和さまのブログ

 

Superflyのステージの後はKOHHのライブを見た。俺は現代の音楽シーンを追いかけている訳じゃないから、フジロック出演アーティストはほとんど誰も知らないし、KOHHもこの日に初めて知った。彼はラッパーである。

 

「鎖を引き千切ってしまえ」「家畜みたいな人間にはなるなよ」「俺のことなんか嫌いになってしまえ」みたいな歌詞だった気がするのだがよく覚えていない。

 

それよりもライブ会場の光景の方が印象に残っている。例えばタバコを吸いながらワインとウイスキーをラッパ飲みしているグループがいたり、抱き合ってキスしてるカップルもいた。例えば幕張メッセのライブで酒とタバコを持ち込むことはできないだろう。それに比べてフジロックはなんと自由なことだろう。ちょっと言葉にできない(僕の愛は伝わらない、心の雨は上がらない、今夜も涙が止まらない)。

 

KOHHのライブが終わった後、しばらく会場をうろついていた。飲食店ブースにはたくさんの人が並び、酒を飲んでいた。僕は玄米ベーグルを買って食べたのを覚えている。美味しかった。身体に優しい味がした。安価で大衆向けの飲食店は過激なほど調味料をぶっかけて、まるで化学調味料のごった煮みたいな料理を提供している印象なのだけれど、玄米ベーグルはそのような料理の対極にあった。

 

f:id:yayayatototo:20190830220216j:plain

そろそろ夕方の時間帯である。ジェイソンムラーズのステージを途中から見た。すごく陽気でハッピーなライブで、癒し系である。

 

さて、この日は伝説のロックバンド、ザ・キュアーが登場する。僕は刑務所の柵を朽ちさせるために最適な味噌汁の塩分濃度や、武器の瀬取りを行うためにもっとも安全な日本海の海域は熟知しているつもりである。ただ残念ながら、音楽には疎く、ザ・キュアーの存在もこの時に初めて知ったものである。「フジロック 三日目」ってググってみたら「全米が泣いた伝説にバンド、ザ・キュアーが降臨」「生きる伝説、ロックの神様が憑依したバンドを見逃すな」みたいな煽り文句とともにザ・キュアーが紹介されていた。だから彼らのライブを見てみようと思ったのである。

 

f:id:yayayatototo:20190830220117j:plain

彼らのライブが始まるまでしばらく時間があったので、その辺をぶらぶら歩いていると、フラッシュモブみたいにして大道芸が始まった。煉瓦でお手玉したり松明に火をつけてそれをぐるぐる回しながらフラフープをしたりしていた。ちなみに、大道芸の芸人さんは出演料も何もなく、交通費、宿泊費さえも自腹で、観客からのカンパだけが頼りなのだと言っていた。

 

そして待ちに待ったザ・キュアーのステージが始まったのだが残念ながら僕は英語の歌詞がよくわからなかったし、一日中ずっと立ちっぱなしでそろそろ疲れ果ててしまい、いそいそと宿に戻った。僕のフジロックはこれで幕を閉じた。

まるで出涸らしの茶のように疲れ果ててしまったのだが、楽しいからまぁよしとしてあげる。

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

 

フジロック2019参戦レポート最終日「カオスな広場」

 

この続き

パート1

フジロック2019参戦レポート「山猿の巣」 - 大和さまのブログ

パート2

フジロック2019参戦レポート 「夜の踊り子」 - 大和さまのブログ

パート3

フジロック2019参戦レポート「夢が始まったぞ」 - 大和さまのブログ

 

三日目、フジロックの最終日である。前日は迫り来る台風の影響により、修行のような大雨に見舞われていたのを覚えている。よってフジロック参戦者の皆さんはこの最終日こそは、という思いがあったはずである。実際、苗場プリンスホテルのトイレットペーパーを片端からパクってきて、てるてる坊主を作る者がいたり、雨雲を遠ざけようとする男衆が野太い鬨の声を上げ、「太陽が俺男だから明日はきっと晴れるだろう」とツイートする者がいたりした者である。

 

さて、僕はというと15時くらいに入場ゲートをくぐった。フジロックはただでさえまるで冷蔵庫を空っぽにするために作ったごった煮のようなカオスである。そして最終日ともなればそろそろタカが外れてきて、この日のカオス指数は前日比プラス13247298375%と輪をかけてカオスだった。南米のカーニバルみたいな雰囲気である。

 

出入り口に一番近い手洗い場にはパンツ一丁になって体を洗っている者がいた。街中の公園で同じことをしたら不審者である。彼は体を一通り洗った後、目を閉じて母に抱かれたような表情でタバコを吸い始めた。ここが日本であることに驚かざるを得ない。

 

僕にとって、この日最初のステージは竹原ピストルのそれだった。「よー、そこの若いの」の人だったりする。バックバンドもダンサーもエフェクトも無しに、ギター一本だけで演奏するその姿はまるで戦国時代の野武士のようであった。

この二週間後、「竹原ピストルのストレートな歌詞がええねん、やろ?女みたいに回りくどい歌詞嫌いやから。俺もああゆう大人になりたいと思うわ。だからずっと髭伸ばしてんねん」と語る男と会ったのだが、そいつの日焼けした顔と伸ばした髭はまるで焼きおにぎりのように見えた。

f:id:yayayatototo:20190830215213j:plain


 

竹原ピストルの次はSuperflyのライブを聴きに行った。Superflyはいつ見てもまるで孔雀のような服を着ている、と側にいた観客がつぶやいている。僕は思わず吹き出してしまった。やれやれ。ステージのほとんど最前列みたいな場所から聴いた。スピーカーが目の前にあってとにかくうるさかった思い出しかない。まるで自分のすぐそばで大太鼓を叩かれているようにうるさいのである。

 

ただ、ステージに近ければ近いほど観客の熱量は高く、一緒に盛り上ろーぜー、ウェーイ、ハッピーみたいな雰囲気があるので楽しかった。フェスの楽しさはフェスに行かなければわからないのである。確かにチケットは高いかもしれない。ただ、体が動く限り働くことはできるし、寝たきりになったら即自殺する覚悟さえあれば有り金は全部使って、与信限界まで金を借りた方がハッピーだと思い始めている。というわけでフジロックのチケットに金を投げてもそれで楽しめるならハッピーだよ。

 

f:id:yayayatototo:20190830215259j:plain

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

 

 

yayayatototo0308.hatenablog.com

フジロック2019参戦レポート「VS台風」

この続き

パート1

フジロック2019参戦レポート「山猿の巣」 - 大和さまのブログ

パート2

フジロック2019参戦レポート 「夜の踊り子」 - 大和さまのブログ

パート3

フジロック2019参戦レポート「夢が始まったぞ」 - 大和さまのブログ

FUJI ROCK FESTIVAL 2019 day2

 

フジロックは3日間にわたり開催されるのだが、その中の1日は大雨で相当酷いことになるのがドグマになっているらしい。実際、フジロック古参の剛の者ほどフジロックと雨の親和性を実感しているらしく「雨が降らないフジロックは、ファールがないサッカーみたいだった」「雨に打たれながら音楽を聴くのが様式美になった」という意見もある。

 

2019年は2日目に雨が降った。今までに経験したことがない程の大雨で、ナイアガラの滝のように激しい雨が降った。とても濃厚な雨で、雨粒が壁のように見えた。

 

会場内の低地(水が溜まりやすい所)が浸水して、腰まで水に浸かりながらの移動を余儀なくされた人も多いという。今まで雨具が必須アイテムと言われていたのだが、そろそろカヤックとかウエットスーツの持ち込みが推奨されるようになるかもしれない。

 

さて、僕はというとフジロックに参戦するのは初めてで、サッカー観戦と同じような装備を想定していた。とりあえずスマホとチケットと財布があればなんとかなって、ガチってる人たちは、グッツに課金する、みたいなイメージである。もちろんスマホとチケットと財布でもなんとかなる。だけどこれだけでは四次元ポケットを失ったドラえもんみたいに無力である。雨具がないとお話にならなかった。

 

僕もたかが雨に負けたたまるもんか、俺の意地を見せてやる、と鼻息荒くTシャツ一枚で外に飛び出したのだけれど、10歩くらい歩いただけですぐに風呂上がりみたいにずぶ濡れになった。ロクに前も見れないし、真夏の雨は死体のように冷たかった。僕は入場ゲートにさえ辿り着けないまま諦めて部屋に退散した。

f:id:yayayatototo:20190731082836j:plain

雨の中会場に向かう剛の者の逞しい背中



その後すぐ、風呂に入りに行った。温泉である。みんな水をぶっかけられた後の芸人みたいに諦めたような顔をしていた。フジロックフェスティバルは本来楽しいはずなのに、疲れ切って憔悴していた。安くない入場料を払って、わざわざ山奥まで乗り込んできているのに、あまりの大雨で退場を余儀なくされるのである。無念であろう。

 

僕はこんな日はさっさと寝る以外にないなと思って10時くらいに寝た。しかし雨にも負けず、夏の暑さにも負けず、心を鬼にして音楽と対峙しているフジロッカーもいるのである。僕は彼らに畏怖の念を抱き、会場の方を向いて一礼し、さらに1分間敬礼した。どうか頑張ってください。簡単に手に入るものは印象に残らないように、雨に打たれても会場を後にしなかったフジロックの思い出は長年忘れないだろう。

フジロック2019参戦レポート「夢が始まったぞ」

この続きです。

 

パート1

フジロック2019参戦レポート「山猿の巣」 - 大和さまのブログ

パート2

フジロック2019参戦レポート 「夜の踊り子」 - 大和さまのブログ




FUJI ROCK FESTIVAL 2019 DAY1



前夜祭の時でさえまるで渋谷の初売りみたいにごった返していたのだが、フジロックの本番が始まると、冬眠を終えた春の熊のように人間がうじゃうじゃ湧いて出てきて、サーカスみたいな雰囲気になった。とにかく人が多くて、湯沢町の人口が7,000なのだが、フジロックの来場者は三日間で13万人になるらしい。

 

グリーンステージ(ここが一番大きいステージで4万人収容らしい)ではのっけからレッチリが登場する。他にネームバリューがあるアーティストは、スガシカオエルレガーデン、中尾旅人、the chemical brothers が出演した。

 

それから場内には「富士劇場」という野外特設シアターがあって、そこで「ボヘミアン・ラブソディ」という映画を上映していたと、今になって知った。クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーが主人公の映画である。名作との呼び声が高く「全米が泣いた」「満足度NO1」など(ネット上では)評価の高い映画である。23:40から上映が始まって深夜2時くらいまでやるらしい。マジで見ればよかった。



夕方、理解不能なタイミングでヒステリーを起こす女のように、突如として滝のような雨が降った。通り雨だった。梅雨の時期だし、山の中だから天気はすぐに変わる。フジロックはある意味において雨との戦いであり、雨具を持たずにフジロックに参戦するのは、三輪車で新幹線を追いかけるような無茶だと知った。僕は傘もレインコートも持たずにフジロックに行った。雨くらい避けられると思っていたが、それはできなかった。

 

入場ゲートの手前にチケットの転売屋がいた。会場から出てきた人に手当たり次第声をかけて、リストバンド(入場券になる。これを付けていれば入場できる)を買い取ってそれを転売する商人である。正規価格が一日券だと1.8万円で、3日間通し券は3.9万円なんだけど、一日券を2万から3万円で売りつけているらしい。



エルレガーデンのステージ

 

エルレが去年、活動復帰してその後5公演位したらしいんだけど、ライブチケットの倍率が300倍だったそうである。1枚のチケットを300人が争うの、冷静に考えて狂気を感じるし、どうせなら丸腰で殴り合って生き残ったやつが当選!とかにして、応募者がエルレガーデンにかける想いを表現できるようにしてほしい。「本当に欲しい物は人を殺してでも手に入れろ」という名言があるのだが、本気でライブに行きたい奴は絶対に諦めずにチケットを手に入れるまで諦めないだろう。

 

僕はエルレガーデンを崇拝していて、エルレガーデンの活動再開を求める署名運動の発起人を務め、エルレのCDをレンガのように積み重ねて家を建てた、というのは嘘で、申し訳ないのだけれどエルレガーデンの曲は数曲しか知らない。

f:id:yayayatototo:20190730201000j:plain

エルレガーデンのステージ



公演中、ファンガチ勢は「エルレの曲を聴く」という受動的な態度ではなくて、自分がステージに立っているかのように盛り上がっていた。

 

その中でも一番の盛り上がりを見せる「愛してるぞーーー」「ここに来れて幸せなんだよ」「絶対またここで会おうぜ!」と客席で叫んでいるグループがあった。彼らは「あいつら(エルレガーデン)が言いたいこと、俺たちが全部言ってやった」と誇らしそうに笑った。それを傍で聞いて笑っている僕を指差して「お前が最前列だ」と言って手を振った。これがフジロックなのだ。彼らは夜を徹して、全力で盛り上がるだろう。僕は次の日は朝からバイトがるから、と退場したのだけれど、徹夜してもよかったんじゃないかと少し後悔している。

f:id:yayayatototo:20190730201351j:plain

君は拳を突き上げたか



まだ続く

フジロック2019参戦レポート「VS台風」 - 大和さまのブログ